読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚釣りよりも釣り道具すきなのかもしれません

私は魚釣りが好きで、もちろん定期的に釣りにも出かけているのですが、最近よく考えることは釣り道具に自分が釣られてしまっているのではないかということです。

 

どういうことかというと、ついつい釣具を買ってしまうということ。

 

新製品はもちろんのこと、釣具屋で思わぬ値段でほしいと思っていたものを見かけてしまったら、買わずにはいられません。

 

そういった意味で自分が釣られてしまっているなと思うこのごろです。


また、釣り道具自体を改造したりすることも好きで、リール等の改造はもちろん、自分でロッドを作るまでになってしまいました。

 

ルアーやメタルジグ、アシストフックなどの小道具も自作していましたが、最近はセットになったリーズナブルなメタルジグセットがあって、自作するならメタルジグセットを購入した方が得になりました。

 

メタルジグに使用するアシストフックについても自作するなら購入した方がいいですね。


基本的には中古で様々なものを買い集めた中で改造のネタを探していて、複数のものを組み合わせて自分オリジナルのリールやロッドなどを作っています。


とは言っても、それが釣果に影響するのかというと、まったく関係がないような気はしています。

 

ただ単に魚釣りをしたいだけなら、普通に売られているものを使うので十分なわけです。

 

ですが、自分オリジナルのもので魚を釣り上げたいというこだわりがどうしても出てしまいます。


そういうわけで、魚釣り自体よりも、釣り道具自体が趣味なんじゃないかと思うような気がしてなりません。

 

 

super-lsj.com

 

super-lsj.com