読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カワハギの釣りと調理方法

身の透き通ったカワハギちゃん。

薄造りにするとあのフグの薄造りと変わらないほど綺麗な身のカワハギちゃん。

しかし私はカワハギ釣りをメインにした事は一度もありません。

私はグレ釣りがメインだからです。

そのグレ釣りの外道としてカワハギちゃんは釣れるのですが、あくまでカワハギちゃんはグレ釣りの敵なんです。

いわゆる餌取りと言われる存在なんですが、このカワハギちゃんも子を持ってる時期は大変貴重な魚ではあります。

外道とはいえこの魚、とても美味しいんです。

そんなカワハギちゃんの私なりの調理方法を簡単ですがご紹介します。

まず捌き方から。

鱗はないので、尾びれと腹ビレから叩き切り、尻尾も切り落とします。

そして頭を落とすのですが、頭の根っこが硬いので、そこに切れ目を入れて頭を持ち引き裂くように取ってしまいます。

そうしたら胴体だけになるので、頭側の表の皮を尻尾に向かって引っ張り皮を剥ぎます。

両面剥いだら後は刺身にするなら普通に捌きますが、最後に薄皮が残っているので包丁で取り除きます。

そしてここで登場するのが「肝」です。

煮ても美味いのですが、ここでは肝を溶いてネギ、生姜、お好みで七味を入れて完成です!

刺身と一緒に醤油をつけて肝と食べるとすごく美味いんです。

ちなみに釣りたてだと良いのですが、日にちが経つと生臭くなるので出来れば鮮度が良いうちに召し上がり下さい。 

簡単ではありますがカワハギちゃんを紹介しました。