読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

船からの太刀魚のテンヤ釣りで人よりも多く釣る方法

毎年、冬場になると全国的に太刀魚のオフショアフィッシングが盛んになりますが、テンヤ釣りは昔から根強い人気を誇る釣り方です。

今回はこのテンヤ釣りで他の人よりも多く釣るにはどうすれば良いのかについて、簡単にまとめたいと思います。

まずエサですが、サンマがよく使われることが多いですが、実はサンマよりも圧倒的に太刀魚の食いが良いエサがあります。

それは、イワシです。イワシはエサ持ちは確かにあまりよくはないのですが、テンヤ釣りにおいては絶大な効果を発揮します。

そして、エサの付け方も一工夫しておきたい所です。

よく頭の先から尻尾まで針金でぐるぐる巻きにしている人を見かけますが、これでは太刀魚のアタリが遠のいてしまいます。

太刀魚はエサとなる小魚の腹にアタックしてくるので、腹の部分は意図的に針金を巻かないようにしてください。

また、臭いを出すという意味で、あえてナイフで腹を少し裂いて内臓を出してやってもいいかもしれません。

ちなみに誘い方ですが、小さいアタリがきても合わせずに微速で巻き続けて、竿が絞り込まれたら合わせる釣り方をしている人が多いかと思います。

しかしどちらかというと、小さいアタリがあればすぐに合わせてこちらからどんどん針に掛けていくスタイルの方がエサのダメージも少なくて数釣りもできます。